用友U8を導入するに辺り店舗運営がキーとなるお客様の運用を中国でも実現するために、日本から持ち込まれた自社開発の基幹システムと用友財務モジュールと人事モジュールの連携を実現した導入事例をご紹介したいと思います。

日本で自社開発した基幹システムと用友の連携を実現

お客様は小売業の運営を中国で展開するに辺り、店舗運営に欠かすことの出来ない販売管理などの基幹システムは独自の運営ノウハウが蓄積されている日本のシステムを持ち込み運営することを決定しました。

しかしながら財務機能については「発票発行」など中国独自のルールが存在していたため、「用友U8」を利用し基幹システムの中国語化と用友財務モジュールとの連携開発し導入。

また給与計算や労務契約については、用友の人事管理モジュールを採用し社内仕様にカスタマイズし用友内で財務と共にシステム統合することに決定しました。

なお店舗運営と共に中国で自社ECサイトを立ち上げ運営を開始。このECサイトは基幹システムの販売管理システムとの連動が必須となるため自社基幹システムの販売管理のノウハウを活かしつつECサイト開発を実現しました。
顧客基幹システムと用友U8とECサイトを連動した運用事例のご紹介01

人事管理を軽減できた用友U8導入ポイント

用友の財務モジュール導入以外に、お客様の労働基準に沿った給与計算の洗い出しと労働契約に合致するよう、人事モジュールと労働契約モジュールを導入したのがポイントです。

店舗運営のスタッフが約500名前後働いている環境なのですが、中国特有の問題でもある激しいスタッフの入れ替わりに対して、人事部スタッフが労務管理を4名で対応を行っていたのですが、人海戦術での管理が難しくなったため、人事モジュールを導入した点がポイントです。

基本的に販売員の就労契約は一年単位の契約更新のため、数ヶ月前に各販売員単位で次回契約の通知アラームを通知し、遅延なく労務契約の更新を実現しています。

また中国特有の給与体制「四金」にも対応。基本給と別にある四金は各地方で異なるルールが存在するのですが、用友には各地方別の四金ルールが標準装備されているので、給与計算に利用しています。

なおシフト管理や残業についても申請情報と連動して手計算による間違いや作業の省略化を実現しています。

今までは4名で対応していた作業が2名で対応できるようになったため、残り2名は本来集中して行いたかった人材募集などの他の人事業務に集中して対応を行えるようになっています。

お客様のシステム導入データ

お客様のシステム稼働環境

・用友U8財務管理モジュール・人事モジュール・労働契約モジュール
・顧客基幹システム
・ECサイト
・用友U8の財務管理モジュールと顧客基幹システム・ECサイト連動インターフェース

用友U8導入モジュール

・財務管理モジュール
 総勘定元帳、UFO帳票、固定資産、売掛金、買掛金
・人事モジュール
・労働契約モジュール

システム開発状況(弊社対応)

・用友U8財務・人事・労働契約モジュールの開発
・用友U8財務モジュールと顧客基幹システム、ECサイトの連携
・ECサイトの開発

お問い合わせ